2019.10.19【Apple,

【3ヵ月無料】Apple Musicに登録してみた

今までは無料アプリのMUSIC FMを利用していたんですが起動が遅かったり、広告が多く無料とは言えど少しストレスでした。

ということでこの度やっとApple Musicに登録しました。

とりあえず今は3ヶ月無料期間なので存分に使わせていただきます。

なぜ今Apple Musicに登録したのか・・・というと、イヤホンが壊れたりキャッシュレス化、消費税増税、ブログ開設と自分の中で10月に色々あり節目を感じたのでApple Musicに登録しました。

今回はApple Musicの登録の仕方や方法、メリットデメリットについて解説していきます。

【目次】

■Apple Music
■Apple Music 3ステップで3ヶ月無料体験をスタートしてみた
■Apple Musicを1週間使ってみて感じたメリット・デメリット
■まとめ

Apple Music

Appleから出ている音楽アプリで全世界で有料会員は5600万人、今では毎月世界で400万人の会員が増えてるそうです。

自分もその一人でした。

5000万曲以上を聞くことができその曲数もどんどん増えていってます。

Apple Musicの強みはなんと言っても曲数の多さとオフラインでも再生できるところ、そしてRadioですね。

Radioは普通のラジオではなくてストリーミング再生の音楽ラジオです。

例えばR&Bのラジオとか選択すると「知る人ぞ知る」みたいな聞いたことないおしゃれな音楽が流れてるので音楽に飽きないし、気に入ったら検索してダウンロードできちゃうので便利です。

Apple Music 3ステップで3ヶ月無料体験をスタートしてみた

iPhoneご利用ユーザーなら登録はわずか3ステップでした。

時間にして5分ないくらい・・・。

3ヶ月無料ということもあったので躊躇なく登録しました。

「Apple MusicとSpotifyどっちがいいの?」という記事も書く予定ですがどちらかは解約しようと考えてます。

というのはさておき、Apple Musicの登録の仕方はとても簡単でした。 それでは解説していきます。

Step1 プラン選択

個人:月額¥980

ファミリー:月額¥1480

学生:月額¥480

ファミリーの場合は6人まで利用可能で携帯の契約者名義が同じであれば利用できるといった感じでしょうか。

学生であれば大学で登録したメールアドレスがあると思うので確認が取れれば480円というやすさで登録できます。

3つのプランは3ヶ月無料で利用後、4ヶ月目も利用した際に自動で決済されるので登録時に支払いすることは一切ないので安心ですね。

自分の場合は2020年1月18日までに解約すれば支払いすることなくApple Musicを利用できることになります。

Step2 お気に入りのジャンル選択

好きなジャンルを選択しておけば、Apple Musicから関連したおすすめの音楽が後々紹介される。

といったものですね。

よく聞く音楽はあるけどそれのジャンルがわからない自分はなんとなく選びましたが特に今は困ってないです。

Step3 検索して音楽をダウンロード

ここまで来たら後は好きな歌手名、グループ名もしくは曲名を検索してダウンロードするだけです。

ダウンロードしたい曲がありすぎて困りましたけどなんとかダウンロード仕切りました。

Apple Musicを1週間使ってみて感じたメリット・デメリット

Apple Musicのメリット

Apple製品との連携が最高

一通りダンロードしてMacを開くとMac側から「ライブラリの同期を行いますか?」とサジェッションがありました。

さすがのAppleさんですね。

Appleは全てにおいて互換性が完璧でストレスフリーに使えるのが良いですね。

Apple Radio

これは本当にお気に入りです。

「いつも同じ音楽聞いてると飽きてくる、なんか新しい曲ないかな・・・」なんて時ありますよね。

Radioなのでストリーミング再生なのですが音楽だけのRadioで自分の好きなジャンルの音楽をAppleのサジェストで再生し続けられます。

つまり、知らない曲を沢山流してくれます。

Apple Musicは通勤・通学・作業に最強かなと思いました。

自分はR&Bが好きなんですけど「何だこのかっこいい曲は・・・ダウンロードしよ」という流れでセクシーな音楽をどんどんダウンロードしています。

歌詞検索ができる

曲名わからないけど歌詞少しだけならわかる。 といった時は便利です。 「検索」から「歌詞で検索」を選択すればすぐに見つけられます。

トレンド曲のサジェッション

おすすめで今はやっている曲や最初に登録したお気に入りのジャンルから曲が紹介されます。

曲を選ぶのめんどくさいとか、トレンド曲をたくさん聞きたい人にはもってこいの機能です。

Apple Musicのデメリット

たまに見つからない曲もある

どのアプリでもここは欠点かもしれませんが稀に、本当に稀に見つからない曲、アーティストなんかもあります。 といっても自分は600曲ほどダウンロードして2曲くらいしかありませんでした。

随時曲数が増えていくことを考えるとデメリットにもならなくなりそう・・・。

ダウンロードが少しめんどくさい

これは自分の使い方が悪いのも考えられますが、2回タッチしないとダウンロードされない。

一々「ライブラリに追加されました」と表記され、その後もう一度タップしてダウンロードが開始されます。

でも、Appleなのでアップデートごとに使いやすく生ることは間違いないのかなと考えてます。

後は設定いじれば解決されるかもしれませんね。

まとめ

さすがのAppleという感じで曲数も満足、Macなど連携もストレスなく素晴らしいの一言かなと思います。

使いづらい点は今後改善されていくのがAppleの良いところ。

いままで月額払えば音楽聴き放題というものすらなかったことを考えればこのクオリティーに拍手です。

同時にSpotifyも利用を始めて1ヶ月もしくは3ヶ月の使用感を比較しますのでお楽しみに。

 

PICK UP