2019.10.30【

【PayPay】キャンペーンで1ヶ月合計¥2500還元されました。

PayPay(ペイペイ)とはキャッシュレス支払いができるアプリ決済のことで、ユニクロとのキャンペーンや宮川大輔さんの宣伝等で2019年10月から利用者が大幅に増えています。

さまざまなキャンペーンを開催しているペイペイですが、中でも有名なのが「10%還元」と言えるでしょう。

今回はそんなキャンペーンがいつ・どこで・どうしたら対象になるかなどを紹介していきます。

PayPayではいくつかのキャンペーンを同時開催中

ペイペイではYahooやSoftbankなど各会社とともにキャンペーンを行っています。

各キャンペーンの期間は1−2ヶ月の場合が多くお読みになる際は下記にあるキャンペーンが終わってしまっている場合も考えられます。

その点はご了承ください。

現在(10月29日)は消費者還元事業とともに還元のキャンペーンが多く、10月に消費税増税があったことから、多くの方がキャッシュレスに変わっていったように感じます。

そこで、ペイペイをご利用の方でよくキャンペーンについて理解していない方へ記事を書いていきます。

「結局、何%還元なの?」という質問に答えていきます。

PayPayで開催しているキャンペーン

10%戻ってくる「まちかどペイペイ 第1弾」

結論から言います。

すべての支払いが10%還元なわけでわありません。

ペイペイホームページには

キャンペーン期間中に、PayPayとの関係でのキャッシュレス・消費者還元事業の対象加盟店(実店舗)(※1)のうち、同事業による還元率が5%となる店舗にて、PayPay決済(「Yahoo! JAPANカード」以外のクレジットカードによるお支払いを除く)にてお支払いいただいた方に対し、「消費者還元補助による還元」5%相当に、5%相当のPayPayボーナスを上乗せして、合計10%相当のPayPayボーナスを付与します。参照元:ペイペイ

と記載されていますが、イマイチわかりにくいですよね。

簡単にまとめると、「キャッシュレス支払い5%還元対象店舗」「ペイペイ支払い5%還元対象店舗」なら5%+5%で10%還元しますということです。

最大10%の還元の可能性があるということで毎回10%ではないので注意しておきましょう。

また、消費者還元事業では2%or5%の還元を行っていてコンビニは2%です。

→消費者還元事業とは

大抵の場合は消費者還元事業2%+ペイペイ特化1.5%還元で3%の還元率が一般的です。

こちらは250円コンビニで購入し消費者還元2%+ペイペイ還元1.5%を受けた時。

会計時はすでに¥245(¥250×2%)

そして後日¥3(¥245×1.5%)が還元されます。

※小数点以下は繰り上げされます。

¥245×0.015=3.675→3.00

対象店舗はどこなんだ?となりますが対象店舗の見分け方は簡単

下記の写真のマークが付いた店舗となります。

ちなみに、10%還元のお店に出会ったことはたぶん・・・ありません。

私の行動範囲のいつも行くコンビニなどはペイペイ2%還元しか行ってないので、10%に出会えるのはかなり稀なことなのかなと思っています。

どこでペイペイが使えるのか気になる方はこちら→ペイペイを使える店舗はこんなにたくさん

そしてこちらのキャンペーンは第1弾と名付けられているので当然、第2弾があることを予測できますね。

キャンペーンがあるからと言ってたくさん買うことはないですが「ちりが積もれば山となる」のでありがたい・・。

気になる1ヶ月での還元額は¥200ほどです。

これまた気になるキャッシュレスでの支出は【キャッシュレス生活】ペイペイ1ヶ月利用して支出はどれだけ増えた?で紹介しています。

キャンペーン概要は以下の通りです。

キャンペーン期間は2019年10月1日(火)0:00~2019年11月30日(土)23:59

本キャンペーン、PayPayボーナスの付与上限には「1回の支払いにおける付与上限」と「月間付与合計上限」があります。

1回の支払いにおける付与上限:¥1000相当

月間付与合計上限:¥25000相当

PayPay支払いで1.5%還元。さらに1000円が当たる

こちらはペイペイご利用の際すべての方が対象で、1.5%還元が必ずされます。

そしてこのキャンペーンの面白いところは「100回に一回の確率で1000円相当のポイントが当たる」、「25回に一回の確率で100円相当のポイントが当たる」です。

実は以前、ドラッグストアで日用品を買いだしていたときに1000円相当のポイントがアタリました。

今までに2回あたっていますが写真一つ紛失してしまいました。

一枚だけ載せておきますね。

ちなみに付与は数日立ってからなので即日でない事は知っておきましょう。

コンビニ等でもほぼ毎日買い物をするので100円相当のポイントは5回ほどアタリました。

ちなみに注意事項として対象外の支払いが

①PayPayのオンライン決済サービスにてお支払いされた場合。

②PayPay請求書払いサービスにてお支払いされた場合。

③ソフトバンク/ワイモバイルの携帯電話料金のお支払いをされた場合。

以上が対象外となるので気をつけましょう。

また、上限付与学は¥10000/月ですので合わせって知っておきましょう。

公共料金支払いで0.5%付与

なんとペイペイでは公共料金の支払も公共料金の請求書についているバーコード(もしくはQRコード)を読み込むだけで支払いができ、かつポイント還元があります。

ペイペイでの公共料金支払い方法について気になる方はこちら

上限付与は2500円相当/月で「1カ月の付与合計上限」、「PayPayでのお支払いで最大1.5%付与」および「特定サービス利用特典1%付与」の付与分と合算して15,000円相当となっています。

ユニクロでヒートテック1つ買うともう1つ無料

このキャンペーンはすでに終了(2019/10/4〜22日)してしまいましたが、大人気のキャンペーンでユニクロで働いている友達は「やめてくれ(泣)」といっていました。

もちろん自分はすぐに駆けつけ、購入してきました。

こんなにお得なら行くしかないですね。

私の友達に伝えたところ「行く」といっていましたが、気を抜いていたために期間外でキャンペーンは終了していたそうです。

お得なキャンペーンほど期間が短いので、いつでも参加できるように登録しておいても良いかもしれません。

タクシー利用が半額

こちらもすでに終わってしまったキャンペーンの1つですが「DiDi Taxi」に半額で乗れるキャンペーンです。

(2019/9/27-10/31)

DiDiタクシーとは3ステップで指定した場所にタクシーを呼ぶことができるアプリで、最近良く見る黒いタクシーが来るみたいです。

利用は主要都市(北海道、青森、宮城、新潟、東京、埼玉、千葉、愛知、広島、山口、福岡、沖縄)

こちらはPayPayとDiDiが連携しているので「DiDiアプリ」のダウンロード後、DiDiアプリから支払い方法をPayPayを選択しコード「PAYPAY」を入力すると50%offクーポンが発券され利用できるようになります。

タクシー半額なんてかなり太っ腹なキャンペーンで嬉しい限りです。

PayPayのキャンペーンで気になる点1つ

①説明が分かりづらい

①説明が分かりづらいため何が対象で何が対象なのか不明確です。

実際私も記事にすることを決め何回も読み直して理解することができたぐらいです。

「ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外」と言われてもなんか遠回しで嫌ですね。

つまりは「カード支払いの場合、ヤフーカードのみ対象」ということですね。

ここは何かしらの戦略なかと思っています。

もしくは戦略と感じるだけ読解力がない私が原因か・・・。

でもこれだけ理解しておけばもう心配ないでしょう。

PayPayのキャンペーンで良かった点2つ

①還元額がコツコツたまっていく

そういうキャンペーンなので当たり前ですが、コツコツと還元されるので、消費税10%と負担がのしかかる現代にはありがたいですね。

【キャッシュレス生活】ペイペイ1ヶ月利用して支出はどれだけ増えた?

5%還元対象店舗なら¥10000購入で¥500付与。

2%還元対象店舗なら¥10000購入で¥200の付与ですので、毎日コンビニを利用される方や単純に支払いが多い方はありがたいですね。

②意外と当たる¥1000

今までに2回1000円相当がアタリ、5−6回ほど100円相当があたっていますのでは肌感覚ですが意外と確率高いです。

あたった時は「うわー、今運使ってしまった」なんて思ったり思わなかったり。

どちらにせよ、数千円の付与はたいへんありがたいですね。

Suicaでも支払えますがポイントや還元などを考えるとペイペイをつかうのが良いでしょう。

まとめ

PayPayでは多いときで10個ほどのキャンペーンが月ベースで開催されています。

消費税が10%になり、負担が増えた今だからこそ少しでも節約したい方や支出を抑えたい方は還元のない電子マネーよりもペイペイのほうがお得に日々の支払いができます。

また、ユニクロのヒートテックのように「1つ買ったらもう1つ無料」などの消費者に嬉しいキャンペーンもときどきあるので登録しておいて損はないでしょう。

クレジットカード連携で簡単にチャージ、支払いができ今までのように、お財布の中から小銭を探すことなんてなくなります。

また、割り勘をするときには手数料無し、「金額入れて送金」とわずか2ステップでできるすぐれものです。

意外と簡単な使い方にあなたもきっと驚きます。

PICK UP